企業情報

  • 募集要項(企業データ)
  • 募集要項(採用データ)
  • 就活生からの質問状
  • 先輩の一日

株式会社中国新聞システム開発

「広島」で未来を創る

「広島で物づくりの喜びや達成感を味わいたい」そのような想いを求めている方のご応募をお待ちしております。
弊社は企業で働く方々が仕事の中で利用するシステムの構築や運用保守を行っている会社です。広島を拠点に、お客様のご要望にあわせた世界に一つのシステム開発及び運用保守を通して、より良い環境を提供できるよう社員一同励んでおります。中国新聞社のグループ会社という事もあり、地域社会に貢献することも一つの想いとし、地元の皆様から愛される会社を目指しております。業務系の開発が多く、弊社で制作したものを目にする機会は少ないかと思いますが、ホームページの制作などWEB系の仕事も行っています。大変な面もありますが、完成した時の達成感や充実感を味わうことができる仕事です。私たちと一緒に仕事をしてみませんか!

私の経営ビジョン

代表取締役社長
おかたに よしのり
岡谷 義則

情報は20世紀末の世界観を変え、文字通り21世紀の新しい時代をつくり出しました。例えば、東西冷戦構造の解消やグローバルスタンダードの普及などが典型として挙げられましょう。そして今、ITはさらに新しい地球規模のネットワーク社会を築きつつあります。変わる世界、多様な発展、新しい喜び。それらを支える情報技術への期待や要請が、ますます大きくなっていくのは間違いありません。絶え間なく変わり、進歩する電脳社会ですが、人の世にはまた不変の真理があります。「幸せになりたいという人の心」です。パソコン、デジタル、インターネット、ブロード バンドといった電子ツールも、そんな願いをかなえるものでなければ意味を持たないでしょう。当社は、地域への貢献を合言葉に中国地方の情報メディアをリードしてきた中国新聞グループを母体に誕生。実績を積み、挑戦し続けています。確かな信頼を基に幅広く人々の幸福のために役立って参りたいと思います。

会社名 株式会社中国新聞システム開発
住所 〒730-0854
広島市中区土橋町7番1号 中国新聞ビル2階
電話番号 082-295-6238
FAX 082-295-5175
業種 ソフトウエア・情報処理
事業内容 コンピュータのソフトウェア開発、システムコンサルテーション、マルチメディア関連事業、システム運用保守(新聞制作に関する技術的サポート)
沿革
昭和58年11月 (株) 中国新聞情報文化センターのシステム開発部として業務を開始
平成9年10月 システム開発部が分離独立し、(株) 中国新聞システム開発を設立
平成10年6月 東京支社を設立
平成22年6月 東京支社を廃止
資本金 5,000万円
売上高
2015年3月期 10億7,468万円
2016年3月期 11億8,038万円
2017年3月期 11億9,762万円
社員数 63名
支社・支局・
事務所・工場
交通アクセス 広島駅からお越しの場合
 市内電車 ・・・ 己斐行 宮島行 江波行 土橋電停下車5分
 バス ・・・ 吉島方面行 平和公園前下車3分