企業情報

株式会社サンネット

DXの未来を、広島から。

1962年創業の地元広島のIT企業です。
広島、中国地域を中心とした地方自治体・医療機関・民間企業向けのITサービス提供について、設計・構築から、保守・監視までワンストップでのご提供と、中央官庁・大手メーカー向けのソフトウェア開発を主な事業として取り組んでいます。
また、クラウド、ビックデータ・アナリティクス、ソーシャルネットワーク、モバイルなどの利用により、新しい価値を創造する「デジタルトランスフォーメーション(DX)」も取り入れ、新たな技術を追求しています。
全社でのカープ観戦行事や、フットサル・野球のクラブ活動などもあり、明るく風通しの良い企業文化です。
IT関連科目を履修されていない方はもちろん、文系学部出身者の方も、たくさんの方が活躍されています。 地元ITに興味のある方、是非説明会へお越しください!

私の経営ビジョン

代表取締役社長
山口やまぐち 隆法たかのり

最新の技術で社会に貢献し、社員が誇れる企業として進化していく

IoTやAIなど新しい技術により、社会がさらに安全、快適、便利に、大きく変わろうとしています。
サンネットもITをベースに社会の変化とともに、IT企業として社会に貢献していくために、常に新たな技術を追究しています。
自分の発想と技術が新たな価値を生み、新技術とともに変化する社会に貢献するやりがいがあります。また、仕事を通じて自身の成長を感じることができます。お客さまからの「ありがとう」の笑顔に励まされることもたくさんあります。
皆さんには、自分が選んだサンネットという企業に対して、そこで働く自分に対して、誇りを持ってほしい。だからこそサンネットは、社員の幸せを一番に考え、社員に誇りを持ってもらえる企業であるために進化し続けます。

会社名 株式会社サンネット
住所 〒730-0036
広島市中区袋町4-21
電話番号 082-248-4100
FAX 082-247-0646
業種 ソフトウエア・情報処理
事業内容 自治体、病院などの業種別パッケージ導入、ソフトウェア開発、サーバ/ネットワーク設計・構築・監視、セキュリティコンサル 他
沿革
1962年11月 株式会社中国計算センター 設立
1992年4月 株式会社中国サンネット に社名変更
2008年6月 広島東洋カープ様より、旧市民球場に引き続いて、新球場での発券システムを受注
2008年10月 50周年ビジョンとして「CS・ES・Technology地域No.1」を発表
2013年4月 株式会社サンネット に社名変更
2016年3月 広島県自治体クラウドの運用を開始 本格的なクラウド活用の時代が始まる
2017年4月 創立60週年に向けてオフィス改革を目指すプロジェクト「IOT60(Innovative Office Toward 60th)」をスタート
2017年11月 創立55周年を迎える
資本金 6,000万円
売上高
2016年3月期 86億8,800万円
2017年3月期 75億9,800万円
2018年3月期 73億2,413万円
社員数 331名
支社・支局・
事務所・工場
東京支社・関西支社・山口支社・山陰支社
グループ・
関連企業
株式会社 広島情報シンフォニー
主要取引
金融機関
四国銀行
主要取引先 国土交通省、地方整備局、参議院事務局、
廿日市市、江田島市、三次市、熊野町、浜田市、長門市、境港市、
広島赤十字・原爆病院、広島逓信病院、尾道市立市民病院、日本鋼管福山病院、
(株)広島東洋カープ、(株)大創産業、(株)ホテルグランヴィア広島、
(株)ローソンエンタテインメント、 三菱ケミカル(株)、
ソフトバンクBB(株)、日本電気(株)、NECグループ各社
交通アクセス 市電「本通り」駅、アストラムライン「本通り」駅から徒歩2分