企業情報

一般財団法人広島県環境保健協会

『測る』で生活の安全と安心を守ります

 昭和32年に広島県内の市町村公衆衛生推進協議会が集い、任意団体の広島県地区衛生組織連合会を創立し、平成25年に現在の(一財)広島県環境保健協会へと移行し、地域社会の健康と住みよい環境づくりを使命として活動を続け、平成29年に創立60年を迎えました。
 「みんなの生命(いのち)をまもりたい。」の基本理念のもと、公益事業では、市町公衆衛生推進協議会の健康づくりや環境づくりを支援し、健康事業では、人間ドック、診療、健診、特定保健指導等の実施、環境・生活事業では、食品・飲料水の検査や水質・大気・騒音・振動・悪臭等調査分析、建設材料の試験、生物調査、環境アセスメント等の事業を行っています。
 今後は、これまで培ってきた技術を更に「進化・深化・新化」させ、更なる生産性の向上を目指します。また、職員が生き生きと躍動できる職場を作り、新しい事業にも積極的に取り組んでいます。

私の経営ビジョン

理事長
佐藤さとう ひとし

環境問題、超高齢化社会への挑戦

 当協会は、地域住民の「環境」と「健康」を守るために組織された「市町公衆衛生推進協議会」とともに、県民の健康づくりと住みよい環境づくりを使命に活動している。
 人生100歳時代を迎え、健康長寿の延伸に向けた予防医療の推進や過疎地域を含めたまちづくり、食の安全・安心の確保や地球温暖化防止などの喫緊の課題に対して、当協会の使命を発揮することが、まさにこれらの課題を解決することにつながると自負している。
 60年以上にわたり培ってきた環境と健康に係る技術やノウハウを基盤に、これからも地域社会の発展に貢献していく所存である。そのために、さらなる技術力の向上と経営基盤の強化に取り組むとともに、役員ならびに職員が「みんなの生命(いのち)をまもりたい」の基本理念に基づき、一丸となって使命達成に全力を注ぐ。

会社名 一般財団法人広島県環境保健協会
住所 〒730-8631
広島市中区広瀬北町9番1号
電話番号 082-293-1511
FAX 082-293-1520
業種 その他サービス
事業内容 人間ドック、環境調査各種検査分析等
沿革
1957年 広島県地区衛生組織連合会設立準備委員会を設置
1961年 社団法人広島県地区衛生組織連合会を設立
1985年 東部支所を移転(福山市戸手町)
1989年 広島県土木建築部技術管理課材料試験業務の移管により、材料試験室を設立
1995年 財団法人広島県環境保健協会を設立
2013年 一般財団法人広島県環境保健協会に移行
資本金 1億円
売上高
2017年3月期 25億7,800万円
2018年3月期 26億1,300万円
2019年3月期 27億1,500万円
社員数 237名
支社・支局・
事務所・工場
東部支所・吉島分室
交通アクセス JR山陽本線「横川駅」から南へ徒歩10分、広島電鉄「別院前」から徒歩1分